2019年マイベストコスメ「メイクアップ編」発表!イエベのアラサーが本気で選んだよ【プチプラ】

コスメ&メイクアップ
この記事は約22分で読めます。
リリィ
リリィ

こんにちは!美容ブロガー&Webライターのホワイトリリィです♡
もう少しで年越し、大掃除ですね!うちは一体いつ終わるのかしら?

お正月を迎える前に、皆さんにご紹介したいアイテムがあります。それは筆者が2019年1年間に使ったコスメの中で、お気に入りになったアイテムたち。

 

この記事では今年の総まとめとして、イエベのアラサーの筆者が厳選したアイテムを、マイベストコスメとしてご紹介したいと思います。

 

こちらの記事はメイクアップ用品を中心にお送りするので、スキンケア編について読みたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

スポンサーリンク

2019年マイベストコスメ「メイクアップ編」第1位受賞アイテム発表!

2019年に使ったコスメたちを、ジャンルごとに分けてそれぞれの1位を表彰する形で発表していきたいと思います。

 

選んだ基準は「肌なじみしながらも鮮やかさがあるか」や、筆者が心から求めている「健康的に見えるか」「血色の感じを表現できるのか」、そして「機能性が高くてデイリー使いしやすいか」といった部分を考えながら選考しました。

リリィ
リリィ

それでは早速見ていきましょう♡

 

ベスト下地:エッグポアシルキースムーズバーム PG【限定版】/トニーモリー

下地部門の第1位は、金の卵でおなじみ、トニーモリーの「エッグポアシルキースムーズバーム」です。

リリィ
リリィ

わたしが使ったのはPGというカラーで、ドン・キホーテの限定版なのよ♪

 

店頭で見たときは、たくさん在庫があったので「もしかしてそんなに売れていないのかな?」という印象を受けたのですが、試供品を使ってみてびっくり!

リリィ
リリィ

初めて使ったバームタイプの下地はすぐにわたしの心を捉えて離しませんでした(笑)

機能としては部分用下地に最適です。小鼻の毛穴を毛穴を埋めて、肌の面をフラットにしてくれます。そして小鼻から出る余計な皮脂を吸着してくれるのですね。(もちろん凹凸のない平面の部分にも使えますが、若干乾燥する印象はあります。)

 

毛穴をこれで埋めると、その後クッションファンデーションのノリが素晴らしいんですよ。肌に密着するタイプのファンデーションと相性が良いのだと思います。

▼詳しくはこちらの記事でレビューしているので、併せて読んでみてくださいね。

 

ベストコンシーラー:カバーパーフェクションコンシーラーDUO #1.25 ライトベージュ/ザ・セム

コンシーラー部門の第1位はザ・セムの「カバーパーフェクションコンシーラーDUO」です。

 

こちらは美容系YouTuberさんの間でザ・セムのコンシーラーが話題になっているのを知り、自分も試してみたくなってドン・キホーテで購入しました。

リリィ
リリィ

わたしは顔のそばかすを消すのに使っています♪

チップでリキッドを塗るタイプと、スティックで直接塗り込むタイプと2つの質感が1本になっているのでかなりお得です。

 

カバー力高めで、若干厚塗り感が出るのが特徴なので、3Dパフと一緒に使うと綺麗に仕上がるなと感じています。クマを隠したいときは、下地の上にチーク、その上にこのコンシーラーを使います。

 

リリィ
リリィ

そして3Dパフでなじませる、という荒技!

下地の後につけたり、ファナンデーションの後につけたり、ノーファンデメイクにしたり、アイデア次第で使い方のバリエーションが広がるなと思っています。初めは艶やかですが、乾くとマットな質感になりますよ。

 

▼こちらの記事でテクスチャーなどを詳しくご紹介しています。

 

ベストコントゥア:プレイ101スティックデュオ#02/エチュードハウス

コントゥアリング部門の第1位はエチュードハウスの「プレイ101スティックデュオ」です。こちらも機能性が「すごすぎてやばいぞw」と感じました。

リリィ
リリィ

ハイライトとシェーディングが1本になっていて、しかもどちらも肌に馴染む色ってすごくないですか?

エチュードハウスの嬉しいところは、店頭で色を試せることなんですよね。店頭に拭き取り用にコットンとリムーバーが置いてあります。

 

じっくり自分に合う色を探しながら、納得できるアイテムを買えるのは、筆者だけでなく他の女性にとっても非常に嬉しいはずです。

リリィ
リリィ

本当はAmazonで買いたかったんですけれど、どの色が合うか分からず、結局店頭に試しに行きました・・・。

こちらのアイテムのシェーディングはエラ消しに最適ですし、ハイライトは顎やおでこ、鼻のラインを綺麗に見せるのに使っています。

 

自分の輪郭や顔のパーツの形を補正するのにとても重宝しました。陰影をつけるのに肌に馴染むのはとても不思議です。細かいシマーのパールが入っているからなのでしょうか?マットな質感が他のアイテムとの相性も抜群です。

リリィ
リリィ

特に写真を撮る予定のある日は大活躍しました!

▼スウォッチはこちらの記事を見てみてください♪

 

ベストファンデーション:クッションファンデーション(マット)No.21/ミシャ

ファンデーション部門の1位は、ミシャの「クッションファンデーション」です。昔から、ミシャのファンデーションの色が肌に合うことを知っていたので、色を試さずに購入しましたがこちらも当たりでした。

リリィ
リリィ

そしてクッションファンデーションに初めて挑戦したのがこちらのアイテムでしたが、使いやすさにびっくりしました。

 

とくに平日の時間のないときは、下地をバーっと塗ってこれを叩き込めば完成しちゃうので、かなりお世話になりました。

 

こちらのアイテムの1番の魅力は、外で動いても崩れないこと。クッションファンデーションというアイテムの特徴で油分が多いのだと思いますが、汗をかいてもちっとも崩れない。



リリィ
リリィ

密着感が全然違います。

塗った直後はテカテカと艶っぽい感じなのですが、時間がたつとソフトマットな感じに仕上がります。

 

先ほどご紹介した、トニーモリーの下地との相性が最高で、このファンデと掛け合わせることで、綺麗な小鼻に仕上がります。また、潤いも閉じ込めてくれるので肌が乾燥しないのに、約1000円で購入できるというコスパの良さも魅力ですね。

リリィ
リリィ

1000円で作れるスフレ肌!

 

これまでのBBクリームやリキッドファンデーションにありがちな弱点でもある「崩れ方が汚い」を見事に克服したアイテムとして、筆者の中で1位に輝いたという次第です。

リリィ
リリィ

来年も引き続きクッションファンデーションには注目していきたいです!

 

ベストチーク:クリームチーク #18エレガントローズ【限定色】/キャンメイク

チーク部門の第1位はキャンメイククリームチークです。筆者的にはクリームチークがなければ生きていけないほど必ずメイクに取り入れるアイテムです。

リリィ
リリィ

美容系YouTuberさんの中ではクリームチークは難しいという意見が多いように感じますが、わたしは自然な血色を演出するためにはこのクリームチークというアイテムが非常に重要なファクターだと感じています。

 

パウダーのチークが外側からふんわり色づく感じを演出するなら、クリームタイプは内側からじんわり発色できるのが魅力です。キャンメイクのこちらのチークは自然な血色感を出してくれて、さらに色持ちも良いのが魅力。

 

質感は不思議なバームのような手触りスッと馴染んでいく感じ。そしてこの18番のエレガントローズはくすみ系のピンクなので、「おてもやん」になりにくいという扱いやすさがランキング入りの理由です。

 

低価格なクリームチークは一般的には発色の良いのは最初だけで、時間と共にだんだんと落ちていってしまうデメリットがあったように感じますが、こちらのチークは長時間発色がキープされます。

リリィ
リリィ

秋に買ったばかりで、レビューが追いついていなかったのですが、もう「ブラボー!」の一言です。

リリィ
リリィ

そして本当はわたしが試した色の商品リンクを貼りたかったのですが、限定版なので取り扱いが無いようです。

なので大人向けとしておすすめできる別のくすみ系カラーを貼っておきますね。

 

ベストアイブロウ:ラスティングスリーウェイアイブロウ ペンシルWP #03/K-パレット

アイブロウ部門の第1位はK-パレットの「ラスティングスリーウェイアイブロウ ペンシルWP」です。黒髪だった時と、ダークブラウンだった時と、すでに2本お世話になっていて、眉毛が1本1本描けるのが特徴です。

リリィ
リリィ

わたしは「いかにもアイブロウをしました」という眉毛よりは、ナチュラルな毛の流れを活かした眉毛が大好き!

リリィ
リリィ

自分の眉毛は左右非対称のアーチ眉なので、平行眉毛にするにはこれが必需品なんです♡

このアイテムがすごいのは、ペンシルとパウダーが1本になっていて、さらにスクリューブラシまで付いているというもの。プチプラなのに、「お主、やりおるな!」と声をかけてあげたいくらい。

 

リリィ
リリィ

眉毛を描くときはスクリューブラシは必須よね!!!
K-パレットさんはその辺りよく分かっていらっしゃるわ♡

 

ベースメイクが終わった後に、眉毛にファンデーションが残っていると色のノリが悪くなってしまうので、はじめにスクリューブラシで余計なファンデーションを落としてからペンシルを使うのがコツ。

 

ペンシルで眉毛の形を決めたら、内側を埋めるようにパウダーを使っていきます。

リリィ
リリィ

こんなに機能的なアイテムがプチプライスで買えちゃうなんて本当にありがたいです!

 

しかも長時間落ちないウィータープルーフ。まさにどこから紹介していいか分からないくらい属性盛り盛りなアイテムなのです。

リリィ
リリィ

7月に商品がリニューアルしているみたいなのですが、あえて旧品の商品リンクを貼りますね。

▼スウォッチはこちらの記事をご覧ください

 

ベストリップ・口紅:シャインリッチオールインワンティント#13 ベリートリュフ【限定色】/エリザベス

リップ・口紅部門の第1位は、エリザベスの「シャインリッチオールインワンティント」の13番というカラーです。

リリィ
リリィ

正直なお話をすると、これまでエリザベスというブランドさんを存じ上げていなかったのですが、このリップの機能性があまりにも素晴らしかったので、これから注目して行こうと感じました。

 

このアイテムの魅力は、その名の通りリップグロスやリップティント、リップバームやリップカラーが全て「オールインワン」になっているという機能性の高さです。

リリィ
リリィ

個人的にはティント機能のあるリップは非常にポイントが高いの♡
せっかくメイクをしても、コップでお茶を飲んだだけで落ちちゃうと悲しいですから(笑)

#エロリップ として紹介されているアイテムはいくつかありますが、筆者の感覚としては「このリップがすごい!」と、「特にエロい!」と思っています。

 

13番はベリートリュフというカラー名のように、熟したベリーを思わせるようなボルドーが特徴です。

 

10代〜20代の使うような抜けるような明るく鮮やかな赤も素敵だとは思うのですが、30代以上の女性だから似合う「色気のあるくすんだボルドー寄りの熟した赤」を纏うのも素敵だと思います。

 

唇は長時間プルップルになるので、グラデーションリップにするのもおすすめですね。大人女性ならではの綺麗さを追求したい方にぜひおすすめしたいリップです。

リリィ
リリィ

こちらも、ここでご紹介した13番は限定カラーでAmazonでの扱いはなかったようなので、近い色のリンクを貼りますね。(販売しているもので1番ダークなカラーが#06のクランベリーレッドのようです)

 

ベストアイライン:該当アイテムなし

ここまでご紹介して、大変申し訳ないのですが、アイライン部門はお気に入り商品に出会うことができませんでした

 

アイラインはブラウンを使うのが好きなのですが、なかなか自分のお気にいいりになるようなブラウンのカラーに出会えないのと、たとえお気に入りのブラウンに出会えたとしても機能性に納得できるアイテムではなかったり、もどかしいです。

リリィ
リリィ

「特にいいのはなかったけど、あえて選ぶなら・・・」みたいに惰性で1位を選ぶのは嫌だったので、1位は無しにしたいと思います。

アイラインの部分の発表を楽しみにしてくださった方、本当に申し訳ありません。

リリィ
リリィ

おすすめのブラウンアイライナーがあったら、わたしのTwitter(@WhiteLily_twk)ぜひ教えてください!



ベストアイシャドウ:プロアイパレット #01 シンプリーピンク/クリオ

アイシャドウ部門は選ぶのが大変でした。最終候補に残った3つがどれも僅差だったからです。

リリィ
リリィ

しかし、その中でも、すっごく衝撃が大きかったこちらのパレットを1位に決定しましたっ♪

 

1位はクリオの「プロアイパレット #01 シンプリーピンク」です。おそらく、読者のみなさまも納得の受賞だと思います。

 

少し前から話題に登ってはいたのですが、なかなか試す機会に恵まれず、買おうかどうか悩んでいました。そんな時にドンキホーテで試供品を使えたのは嬉しかったですね。

リリィ
リリィ

何種類かあって、オレンジ系のパレットと迷ったのですが、自分の肌に馴染むピンクが欲しかったのでこちらを購入してみました。

 

このアイテムを使って、大人の色気の出る可愛さと出会える気がして、その入り口が見えた気がして、筆者に成長を与えてくれたアイテムでした。引き続き、グラデーションの作り方についても日々研究をしています。

リリィ
リリィ

いずれLIPSで「〇〇グラデの作り方」みたいな記事も書きたいわね♡

 

このアイパレットは2019年下半期の親友コスメとしても選ばせて頂きましたが、本当に肌馴染みがいいのが魅力です。

リリィ
リリィ

わたしの肌はブルーベースに近いイエローベースの春なので、この色がとても合いました!

▼スウォッチ画像はこちらの記事にあります

 

また、10色全部汎用性が高くて、捨て色が無いというのもお気に入りのポイントです。マット・シマー・メタリックと様々な質感がありますが、ギラギラしすぎない上品さがあるのが素晴らしいです。

 

オトナ女子の方でピンクのコスメは卒業だと思っている方に「ちょっと待って!」と言いたいです。自分の肌に馴染むピンクを見つけると、幼さを出さない使い方ができます

 

クリオのアイパレットは、オレンジ〜コーラル〜ピンクの色の幅が広いので、ぜひ店頭で試供品を試してあなたに合う色を見つけてみて欲しいです。

 

10カラーもあるので、きっと日常のメイクにバリエーションが出るはず。まるで衣替えをするみたいに軽やかに、その日の気分のカラーを纏ってみてください。

 

ベストマスカラ:ラッシュニスタN #02 ブラウン/メイベリンニューヨーク

マスカラ部門の第1位は、メイベリンニューヨークの「ラッシュニスタN」。色々使ってみましたが、結局これに戻ってきてしまいました。

 

1つ前提としてお伝えしたいのは、こちらは汗をかかないような生活(仕事はデスクワークで外出はショッピングなど)前提で厳選したアイテムです。

リリィ
リリィ

日頃から汗をかくタイプのお仕事や休日に運動をしたい方はあまり向かないかもしれない、と言う前提でお話させてくださいね。。。

こちらのマスカラの魅力はなんと言ってもナチュラルさだと思います。筆者はたいてい2度塗りをしますが、それで十分なボリュームが出せます。長さで言うと、他のアイテムの方が長さが出る場合もあるのですが、それってどこか不自然だと感じてしまったんです。

リリィ
リリィ

むしろこのアイテムを数回重ね塗りして、スクリューブラシで整えながら長さを出すような使い方の方が、ナチュラルな風合いに仕上がるなと思いました。

 



そして、素晴らしいのは落としやすさです!なんと「お湯落ちタイプ」です。

 

スキンケア部門の記事でも述べたのですが、筆者はアラサーになってからクレンジングを優しいものに変えました。その際に落としやすいマスカラの方が肌への負担が少ないことに気づいたんです。

 

特に、平日オフィスでデスクワークをする女性や、近くの保育園に送り迎えしたい時にちょっとだけメイクをする女性にとっては、無理にがっつりなウォータープルーフじゃなくてこれくらいの耐久力で十分じゃ無いかと考察しています。その分ステータスをクレンジングの落としやすさに振っているので。

リリィ
リリィ

商品として言うなら、これはロングタイプと言うよりボリュームタイプだと認識して買った方がいいかも。繊維感が強くあります。

また、もう1つお気に入りのポイントとして、リニューアル前に比べてブラウンの色味が明るくなったことです。他のメーカーでここまで明るいブラウンマスカラを知らないので、自分にとっては今年はこれが汎用性の高いアイテムでした。

 

ベストネイル:カラフルネイルズ #N19 スウィートコーラル/キャンメイク

ネイル部門の第1位はキャンメイクの「カラフルネイルズ」の19番スウィートコーラルです。

リリィ
リリィ

色の名前が「スウィートコーラル」なのですが、個人的にはコーラルと言うよりはくすみ系のピンクに近いような印象を抱いています。

 

こちらも、大人が似合うピンクを体現しているアイテムだなぁと感じます。速乾性があって素晴らしいですね。塗ったあともすぐ乾きます。

 

そして300円台と言うコスパの良さも魅力です。マニキュアってその特性上、服に合わせて何色も持たないといけないと思うのですが、それを叶えてくれるのがキャンメイクだなと思います。

リリィ
リリィ

キャンメイクさん、さすがです!

このアイテムはおすすめの塗り方がありまして。

同じくカラフルネイルズシリーズのベースコートを下地に塗って、その上に2度塗りするのが最も綺麗に見える塗り方だと思っています。

 

イエベの肌に似合うピンク、そして白いシールとの相性も抜群です。

 

▼LIPSでもレビューしているので、併せてご覧ください

 

2019年メイク編新人賞:プレイカラーアイシャドウ #ベイクハウス/エチュードハウス

リリィ
リリィ

ここまで紹介してきて、どうしてもご紹介したいアイテムがあったので、各部門の1位とは別に、特別に新人賞と言う枠を設けさせて頂きました!

この新人賞は筆者ホワイトリリィが使った、今年発売の新アイテムの中で特に汎用性の高かったアイテムを選びました。

 

新人賞は2019年の10月1日に発売されたエチュードハウスプレイカラーアイシャドウのシリーズの1つで「ベイクハウス」と言うカラーです。

 

焼きたてのパン屋さんをコンセプトにイメージしたカラーで、非常に遊び心のあるブラウンです。エチュードハウスの他のパレットと異なり、柔らかい色が多いのが特徴です。

 

マット・シマー・パール・ラメ、色々な質感のブラウンが詰まっていて、一見控えめなのに味のあるこのカラーはまさに日本人にピッタリ。

リリィ
リリィ

わたし自身は仕事の都合で平日に外出するときのメイクに使っています。
フリーランスなので、信頼してもらえるようなきちんと感を出したかったんです。

 

日本人の生活に非常に馴染むカラーだと思いますし、控えめな中にも上品さがあり、おしゃれに華やかに仕上がります。

リリィ
リリィ

大人の可愛らしさが出るので、囲みシャドウで今っぽさを出しても良いですね♡

 

新人ながらネットでは「売り切れ続出」と言う圧倒的な存在感を放ったのも記憶に新しいです。

 

▼こちらの記事で親友コスメとしてご紹介し、スウォッチ画像を載せているのでぜひ見てみてください。

 

スポンサーリンク

今年1年のメイクアップ用品を振り返る

ここまで、筆者のお気に入りコスメを力説してきましたが、いかがだったでしょうか?

リリィ
リリィ

話題のコスメを多く試したこともあり、あなたにとっても納得のいくアイテムが入賞していたのではないでしょうか?

 

2019年は自分自身が30代2年目と言うこともあり、どんなメイクにしようか悩んだ年でもありました。

 

これまでロリィタや量産型女子のような(いわゆる少女性のある)可愛さを貫いてきた20代。それを終えてみて、どこかで燃え尽きていた日々に、再び「何を目指したらいいのか?」という指針となるような「レディ」と言う概念が自分の中に生まれつつあった年です。

 

少女性のような可愛らしさではなく、それをさらに昇華させたような、上品でどこか華のある可愛らしさ。清純とはかけ離れた、ちょっと怪しい色香を出すようなーーーー。

 

そう言った大人のメイクを模索し始めた年でした。その中で出会えたアイテムたちが、自分の中にただ漠然とあった「レディ」と言う概念をさらに磨きあげてくれたように感じました。

 

リリィ
リリィ

また、妥協を許さない、「いつでも本気でアイテムと向き合う!」という松岡修造さん並みの熱意が、うまい具合に働いて、素敵な商品とめぐり合わせてくれました(笑)

リリィ
リリィ

せっかく買うなら、使えないからと放置したりせずに、たくさん使い込んであげたいんです。

まさに「愛」だわ♡

 

受賞したアイテムの特徴を振り返ってみると

リリィ
リリィ

今回受賞したアイテムの特徴を振り返って見ると、「くすみピンク」が多かったように感じます。プロアイパレットやクリームチークとか。

先ほどの少女性の話と少し関係していますが、少女の頃のようなあどけないイノセントなピンク色は、さすがにアラサーの自分には似合わないような落胆がありました。結婚したこともあり、より落ち着きを出さねばと思っていましたし・・・。

 

当然、年齢が上がるに連れて似合う色も少しずつ変わっていくはずなんですが、自分は今までそれがよく分かっていなかった。それを教えてくれたのがここでご紹介した「くすみピンク系」のコスメたちでした。

リリィ
リリィ

コスメたちがまるで「リリィ、落ち込まないで!あなたは大人になったのよ!

くすみのあるピンクが似合うかもしれないわ」って話しかけてくれたみたいね♪

 

また「色」と言う無限の可能性の中に、トレンド感や国ごとの特徴があることを知ったのも、世界を広げてくれた発見でした。

リリィ
リリィ

そうそう、今回受賞したアイテムの3分の1くらいは「韓国コスメ」でした。特に意識をした訳ではなくて、気づいたらそうなっていたと言う感じ。

 

本文中でも少し触れていますが、以前から韓国コスメの色味が肌に合うと分かっていました。

リリィ
リリィ

今まではチャレンジする勇気こそなかったのですが、今年は思い切りましたね(笑)

 

なんと言うか、韓国のYouTuberさんの動画を見たことで世界観が広がった感じもしまして、より成熟した東洋女性の美しさを表現するような韓国主流のメイクが自分が目指している「レディ」と妙に波長が合うような印象を受けたのも、今年の収穫でした。

 

リリィ
リリィ

ちょっととりとめもないことをお話してしまいましたね。

ごめんなさい、自分が目指す方向性を言葉にするのが難しくて。。。

 

リリィ
リリィ

受賞したコスメの特徴にお話を戻しましょう!

 

受賞したアイテムたちの中では、機能性という面も非常に重視した年でした。1本で2つの機能があるとか、1つに複数の質感があるとか、1つで何役もこなせるとか、そういう「スペック」の部分に筆者はめっぽう弱いようです。

 

また、これまでに体感したことのない「新しい質感」のように、斬新なアイデアが詰まっているアイテムも良かったです。

リリィ
リリィ

EPシルキースムーズバームとか、クッションファンデとかね。

 

あとは冒頭でも述べたように、じんわり滲むような血色感。それってちょっと大人の色気に繋がっているような気がするなぁとも考えたりもして、血色系のアイテムも多数使ってみました。

リリィ
リリィ

自分の好きなテイストを言葉で説明するのって、とっても難しいです。
人で例えるなら、田中みなみさんのような、あんな華や色気のある感じです。

お気に入りのコスメを選ぶ基準って人それぞれだと思うのですが、筆者ホワイトリリィもある程度の信念を持って選んでいるので、それに共感してくれる方が居たら嬉しいなぁと思います。

 

この記事がいいねと思ってくれた方は、ぜひブックマークやSNSへのシェアをお願いいたします!ツイッター(@WhiteLily_twk)やLIPS(@whitelily_twinkle)のフォローもお待ちしております!

リリィ
リリィ

このブログの記事で「リリィさんにこんなことを聞いてみたい!」とか「感覚が合いそうだからSNSで繋がりたい!」とか、「自分も次はこれを使ってみたい!」とか少しでも誰かの心に響いたとしたら嬉しいです。

 

※今回の記事でご紹介しているアイテムは全てホワイトリリィが自己購入したものです。

※商品リンクにはAmazonアソシエイトを使用しており、発生した報酬の1部が収益として管理人に還元される仕組みです。

コンテンツとしてこのブログを運営していく上でサーバー代などがかかっており、収益金は運営に欠かせない資金の一部となっております。

ブロガーとして、みなさまへより良い情報をお届けするために、今後のお仕事に役立てていく所存ですので、何卒ご理解頂ければと思います。

※ピンクの画像内の商品画像は、ECサイトや公式サイトの商品画像を引用させて頂きました。

※Specialthanks:アイキャッチ画像のバラを買ってくれた旦那さん。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました