はちみつは金属製のスプーンと相性が悪い?はちみつをすくうアレの名称は?

インナーケア&スキンケア

「はちみつを金属製のスプーンですくうと変質してしまう。」あなたはこんな噂を聞いたことがありませんか?

 

今回はこの噂について深く掘り下げて調べてみた結果をまとめたいと思います。

 

スポンサーリンク

はちみつとステンレスの相性があまり良くないって本当?

はちみつとステンレスのスプーンの相性が良くない理由は何なのでしょうか、インターネットをリサーチしてみました。

 

通説その1:はちみつは金属性のスプーンを溶かす?

風の噂でははちみつは金属製のスプーンを溶かすという風に言われていますが、これはどうも信憑性がないようです。

リリィ
リリィ

筆者もはちみつをヨーグルトの上にかけて食べることがよくありますが、これといってスプーンが溶けた様子を見たことはありません。

 

インターネットで検索をしても実際に金属を溶かすと言った記述は見られませんでした

 

この通説1はおそらく、後述する金属のスプーンとハチミツの相性の話が間違って解釈されたものと思われます。

 

通説その2:金属性のスプーンははちみつを変質させる?

もう一つの噂として、金属製のスプーンははちみつを変質させてしまうというものがあります。こちらも目で見た限りでは、内部でどのような変化が起こっているのかが見えにくいですよね。

 

調べてみると、これはどうやらはちみつの品質が劣化するということではなく、栄養成分や風味が変わってしまうということのようです。

 

はちみつのpHは3.3~4.9で酸性のため、金属のスプーンですくうと金属イオンと化学反応を起こしてはちみつの風味が損なわれてしまうのですね。

 

これならどのはちみつにも当てはまることがあるのかもしれません。

 

しかし、スプーンに触れた部分を取り除かなければならないほどはちみつが傷むということではありませんので、気にならない方は今までどおりで大丈夫です。

 

リリィ
リリィ

わたしは実際には金属以外のスプーンで食べたことがないので、はちみつ本来の味を知らないのかもしれません(笑)

ななせ
ななせ

今まであまり気にしないで金属のスプーンで食べてたわよね~。

 

スポンサーリンク

マヌカハニーと金属製のスプーンは相性が悪いので注意!

一方ではちみつを金属のスプーンですくうと、はちみつの殺菌成分が弱まると言う噂もあります。

 

どのはちみつにも当てはまるわけではなく、はちみつの中でも『マヌカハニー』と呼ばれる種類のハチミツとの相性が悪いのだということです。

 

マヌカハニーとは?

マヌカハニーとはオーストラリアに自生するマヌカという木から採れるはちみつのことです。

画像出典:Amazonより

オーストラリアの先住民族のマオリ族は古くからこのマヌカハニーを薬として使用していた経緯があり、民間療法としても重宝されてきました。

 

そのパワーは多方面から注目を浴びていて現在研究が進められているはちみつとなります。現在分かっている段階でも、抗菌活性力があることが確認されています。

 

メモ
マヌカハニーを購入する時はボトルの表面にMGO10+、400+のように書いてある抗菌活性力の数値「MGO」を目安にして購入すると良いでしょう。

参考:All About マヌカハニー

 

どうしてマヌカハニーと金属のスプーンは相性が悪いの?

マヌカハニーの中には他のはちみつと違ってメチルグリオキサールという成分が含まれています。これがとても殺菌力の高い成分で、さまざまな研究からも科学的根拠があると分かり始めているものです。

 

このメチルグリオキサールが金属との相性が悪く、金属のスプーンですくうことでマヌカハニーの殺菌力が弱まってしまうということが起こるようです。

 

スポンサーリンク

はちみつをすくう棒『ハニーディッパー』をつかってみない?

ここまで調べてみて分かったことは、はちみつの中には金属製のスプーンと相性が良くない種類もあるということです。

 

そのためせっかくの栄養を大事にしたいのなら、はちみつを食べる時には金属製のスプーン避けた方がいいかもしれません。

 

イラストやはちみつのパッケージなどでよく見る、はちみつをすくうアレの名前はハニーディッパーというのです。はちみつの瓶から出す時にこのハニーディッパ―を使ってみるのもいいかもしれませんね。

 

ハニーディッパーやスプーンは木製で決まり!

ハニーディッパーは金属製の他にも、シリコン製やガラス製のものもあります。 筆者が1番おすすめなのは木製のものです。

 

はちみつのために木製のスプーンを買ってみるのもいいですし、普段使うはちみつ用のスプーンを陶器製のものに変えてみてもいいかもしれません。

ハニーディッパーの洗い方

ハニーディッパーははちみつが固まってしまう前に洗うのがおすすめです。

 

使い終わったら、中性洗剤を溶いたお湯の中でよくすすぎましょう。その後通常の食器と同じように洗って大丈夫です。

ゆな
ゆな

このハニーディッパーでディ○ニーのキャラクターのp・・・

リリィ
リリィ

きゃあぁぁ!ゆな!大人の事情でこれ以上名前を出したらいけないわ!
その黄色いクマちゃんの名前を出したらこの弱小ブログなんてすぐに消えてしまうわよ(汗)

ななせ
ななせ

はちみつを連想させるその黄色いクマさんにもきっと商標権があるわね・・・

 

スポンサーリンク

摂ってうれしい!はちみつの栄養成分

はちみつにはこんなに栄養がたくさん含まれています!

 

・カルシウム
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・葉酸
・ニコチン酸
・パントテン酸
・ビタミンC
・ビタミンK
・ビオチン
・カリウム
・鉄
・パロチン

 

小さい子供にははちみつはNG!高リスクの理由

これだけ体にいい初めてですが年齢が1歳に満たない乳児には与えてはいけません。

 

これは厚生労働省の公式ページにも書かれていますが、まだ消化器系が未熟な赤ちゃんがはちみつを摂取すると乳児ボツリヌス症になることがあります。

 

ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから」にしましょう。

 

赤ちゃんの場合、まだ腸内環境が整っておらず、ボツリヌス菌が腸内で増えて毒素を出すため、便秘、ほ乳力の低下、元気の消失、泣き声の変化、首のすわりが悪くなる、といった症状を引き起こすことがあります。

出典:厚生労働省 ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから

 

リリィ
リリィ

これはわたしが薬学検定試験の時に勉強してとても印象にのこっている内容なの。
カラダにいいハチミツなのに、乳児に与えるのは良くないってちょっと意外だったわ。
ボツリヌス菌はどこにでもいるありふれた菌で、大人の方の場合はこのボツリヌス菌に腸内細菌が勝てるので発症する心配はほとんどないそうよ。

 

はちみつはスプーン1杯(大さじ1杯)=65kcal

はちみつは大さじ1杯あたり65キロカロリーです。しかし砂糖より甘味度が高いので、同じ大さじ1杯でもとても甘く感じます。

 

「砂糖が大さじ3杯(27g)に対し、ハチミツが大さじ1杯(21g)」で同じ甘さになります。

出典:ハチミツの効能と栄養成分 

 

その結果、甘味度が高いはちみつを砂糖と同じ用途で使用した場合、はちみつの方が 低カロリーとなります。

 

スポンサーリンク

栄養価の高いはちみつ♡木製のハニーディッパーをつかえばOK

はちみつと金属製のスプーンについて調べていきましたが、同時にこの記事でははちみつの特徴についても分かりましたね。

 

ぜひあなたの生活にも参考にして取り入れてみてください。

 

この記事のまとめ

  • はちみつが金属を溶かすというのは根拠がない
  • 金属製のスプーンがはちみつの殺菌力を弱める可能性はある(マヌカハニー)
  • はちみつをすくうあの棒の名前は『ハニーディッパー』
  • はちみつは大人が摂りたい栄養がいっぱい!(1歳以下の乳児に注意)
  • はちみつ大さじ1=65kcal
タイトルとURLをコピーしました