米林宏昌監督作品『思い出のマーニー』のあらすじを解説!マーニーの正体の考察も♪

管理人のちょこっとリラックス
この記事は約9分で読めます。

 

リリィ
リリィ

こんにちは!ジブリ作品大好き♡なホワイトリリィ(@WhiteLily_twk)です!

突然ですが、あなたは『思い出のマーニー』を見たことがありますか?

『思い出のマーニー』は、これまでの明るいジブリ映画とは一味違う「自分は養子である」という独特な悩みを抱えた少女の等身大の物語です。

 

子供の頃からジブリ作品ファンの筆者が、マーニーの魅力や考察、鑑賞のポイントなどをぜひ伝えたいと思って今回は記事にしました。

 

『思い出のマーニー』が大好きで考察したい人やこれから観たいと思っている人の参考になれば嬉しいです。

リリィ
リリィ

ネタバレ的な要素も含んでいるので、ご了承の上読み進めてくださいね。

 

スポンサーリンク

『思い出のマーニー』の作品概要・原作小説

タイトル:思い出のマーニー
原作英語タイトル:When Marnie Was There

原作:ジョーン・G・ロビンソン(イギリスの児童文学)
ジブリ映画:2014年7月19日公開
監督:米林宏昌

 

『思い出のマーニー』はジブリ作品の中でも異例のWヒロイン。女の子と女の子の絆の物語です。

 

ななせ
ななせ

マーニーの原作は、イギリスの作家「ジョーン・G・ロビンソン」が執筆した児童文学なのよ。

 

ストーリーと作品の背景、画像

喘息を患い人と距離を置く少女『杏奈』が、療養のために行った北海道でたくさんの愛情に触れます。

 画像出典:Amazonより

 

自分にも他人にも否定的な気持ちを向けていた杏奈が、マーニーいう不思議な少女との関わりのなかで人間としても成長し、閉ざした心を開いていくストーリー

 

宮崎駿監督が引退した後、借りぐらしのアリエッティでおなじみの米林監督が描くジブリがどのようなものになるのか、ファンの一部では不安をあらわす声も多くありました。

 

そんな中ファンの予想を上回る作品として仕上がり、新たなジブリの魅力を引き出してくれた作品でもあります。

 

主要登場人物・キャスト(声優)

それでは『思い出のマーニー』の主要登場人物と声優さんを見ていきましょう。

 

佐々木杏奈(ショートヘアで喘息の女の子) 高月彩良
マーニー(金髪で青い目の少女) 有村架純(少女時代)

森山良子(晩年)

佐々木頼子(心配性の義理の母) 松嶋菜々子
大岩清正(療養した家のおじちゃん) 寺島進
大岩セツ(療養した家のおばちゃん) 根岸季衣
彩香(湿っち屋敷に引っ越してきた女の子) 杉咲花
久子(マーニーとの思い出を持つ画家) 黒木瞳
絵美里(マーニーの娘・杏奈の本当の母) 石山蓮華
十一(といち。船を漕いでくれる無口なおじさん) 安田顕

 

スポンサーリンク

杏奈のキャラクター性を知れば考察がもっと楽しくなる!

映画を見終わったあとに、「杏奈って、ただのわがままじゃん・・・」と捉えた視聴者の方もいるようですが、それは違います。

 

たしかに安奈の少し不機嫌なシーンもありましたが、いくつか背景や事情があります。丁寧に振り返ってみましょう。

 

少し複雑な杏奈の状況を整理しよう

まず安奈は「両親を亡くしており養子である」ということ。幼い頃に両親を失い、親戚が自分の身元をどうするか揉めているシーンを目の当たりにして、トラウマを抱えています。

 

今の家に養女として引き取られてからも、自分が養女であるがゆえに義母が自治体から補助を貰っていることを知ってショックを受けます。

 

杏奈は『自分が厄介者なのではないか?』という不安を抱えて生きているのです。

 

それがゆえに彼女は今の自分が嫌いで「普通になりたい」と本当は切実に願っています。七夕のお祭りで短冊に願い事を書いていましたね。

 

しかし、そう願いながらもなかなか自分の殻を破れません。葛藤した末にフラストレーションが溜まり、杏奈は他人にうまく接することができなくなっていたのでしょう。

 

杏奈は内気で人付き合いが少し苦手

杏奈は人と関わることに慣れていません。本人は「目には見えない『輪』があって、内側の人と外側の人が居る」と考えて居ます。

 

そして自分はその『輪』の中には入れないのだと序盤で語っています。中学1年生の杏奈にとって、それがどれほど大きな悩みであるか・・・想像してみると分かりやすいでしょう。

 

杏奈がマーニーと一緒に過ごす時間、人とどう接して良いか分からなくて戸惑う様子も描かれています。

 

リリィ
リリィ

5歳までの子供としての大事な時期(頼子さんに会う以前)に、抱えたトラウマの大きさが影響しているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

マーニーの不思議!さまざまな考察や憶測が飛び交っている

杏奈が療養先で出会った不思議な女の子マーニー。湿っち屋敷に住んでいて金髪で青い目をしています。映画の中盤で、杏奈は彩香に「マーニーはわたしが作り上げた、空想の中の女の子」である旨を告げています。

 

しかし湿っち屋敷に引っ越してきた彩夏がマーニーの日記を見つけるなど、杏奈の現実と空想はどんどんリンクしていきます

 

そこからの不思議展開が、この映画の一番の山場となるのです。

 

マーニーの正体は、おばあちゃん!?

ネタバレをしてしまうと、マーニーは杏奈の実の祖母です。「追体験」「幽霊」「おばあちゃんの思念」など様々な憶測が飛び交っていますね。なぜマーニーが少女の姿で杏奈の前に現れたかは謎のままになっているからです。

 

作中ではこの曖昧さが大切に描かれています。これはこのアニメ映画の最大の魅力でもあります、考察するのが楽しいですからね。

 

有力な考察は、マーニー(祖母)が幼少の頃の友人(和彦や久子)との思い出を杏奈に語っており、その思い出を杏奈が心の中で追体験しているというもの。

リリィ
リリィ

マーニーの思い出を追体験することで祖母のルーツ(=自分のルーツ)を知ることに繋がったのではないかと思います。

別の考察として、幽霊や思念というものもあります。大岩のおじさんが、「あそこには幽霊が出るんだ!」と言っています。この辺りを考えると、この説も有力に感じてしまいますね。

 

事故で亡くなった実の家族を許せなかった杏奈が、実の祖母であるマーニーに「あなたが好き」と伝えるのは、ほんとうに大きな意味を持つのが解りますね。

 

マーニーの境遇が杏奈とは真逆であるポイント

さて、一方のマーニーは杏奈と境遇がまるで逆です。裕福な家で育つものの両親が家を不在にしており、ほとんど放任されて育っています

 

お手伝いさん(ばあや・ねえや)からいじめられており、誰かからわざと意地悪をされるという孤独の中でも、明るさを失くさずに生きています

 

リリィ
リリィ

自分の境遇を考えて心を閉ざしてしまった杏奈とは逆に、

マーニーは辛さを隠すように明るくふるまっていましたね。

 

ずっとあの湿っち屋敷に閉じ込められていたということや、せっかく結婚して幸せになっても母娘関係がうまく築けないまま生き別れてしまったということからも、辛い生涯を送りました。

 

久子さんや十一さんも、マーニーについて可哀想だという印象を抱いています。

 

スポンサーリンク

杏奈が感情を取り戻す様子に感動!映画版のストーリーを一層際立たせる背景

杏奈が自分自身を取り戻す過程で大切だったことのひとつに、療養先の大岩夫妻(大岩のおじさん・おばさん)の存在もあったのでしょう。

 

すでに成人している娘がいて子育てを終えているため、杏奈の行動にも寛容です。おおらかな性格からか2人は良く笑い、杏奈を挨拶がしっかりできる立派な子として接します。

 

これが義母の頼子さんとは異なる点だったのかなと思います。しかし義母の頼子も杏奈への接し方は愛情あってのことだったのだと、大岩夫妻は杏奈に語り掛けるのです。

リリィ
リリィ

そういったことで杏奈は義母の頼子さんをまた違った角度から眺めることができたのかなと感じますね。

 

北海道の田舎の地域の、美しい自然やのどかさが背景に描かれていたのも魅力的でした。

 

湿っち屋敷(マーニーのお家)のモデルは北海道!

『思い出のマーニー』はイラストレーションも美しいです。制作に関わったスタッフも、とても豪華なメンバーだったと言います。

 

原作はイギリスの児童文学なのですが、本映画作品の中で湿っち屋敷が描かれている景色は北海道を取材しているということです。

 

北海道の自然の雲の多さや独特の影などは今までのジブリ作品の明るさとは対照的ですが、アニメーション映画としても高い評価を得ています。

 

主題歌「Fine On The Outside」は公式動画がYouTubeで聴ける♪

Fine On The Outside / プリシラ・アーン スタジオジブリ映画『思い出のマーニー』主題歌

歌っているのはプリシラ・アーン。タイトルのFine On The Outsideは、直訳すると「外でも大丈夫」です。

 

この歌詞は序盤の杏奈の心情である「『輪』の外」の話ともリンクしますね。

 

スポンサーリンク

マーニーの心に触れることで、自分の出生を許す杏奈を描いたファンタジー

『思い出のマーニー』は少女の姿で現れた祖母マーニーがひと夏の療養中に杏奈を癒したハートフルなストーリーです。

 

マーニーと杏奈には、祖母と孫で分かりあえる「マーニーの娘の死(=杏奈の母の死)」という悲しみがありますが、マーニーが杏奈の祖母だったということは、映画のさいごで頼子さんから渡される写真を見るまで気づきません

 

それでも杏奈が生き生きしていたのは、辛さに負けず幸せに向かうマーニーの生き方に触れたことで自分の状況や幸せに納得し、杏奈の心が成長したからでしょう。

 

「だから許してくれると言って」というマーニーの言葉に「もちろんよ、許してあげる」と応えた杏奈は、それまで許せなった自分の出生を、自分がマーニーへ向けた愛情と共に受け入れることができたのではないでしょうか。

 

それは家族のへ愛でもあり、友人としての愛でもある、ちょっと不思議なストーリーでしたね。

 

終盤は杏奈がどんどん友達とも関われるようになって、あれほど願っていた『輪』の中へ自分から入れるようになったのでした。

 

思い出のマーニーは人生に悩んだ10代のみなさんはもちろん、だれかに心を開けなくなった大人のみなさんにも鑑賞してほしい作品です。

 

【参考URL】
https://www.youtube.com/watch?v=b9XPIloqk50(思い出のマーニー予告)
http://www.ghibli.jp/marnie/(映画『思い出のマーニー』公式サイト)
管理人のちょこっとリラックス
スポンサーリンク
いいね!と思ったらお友達にシェアしよう♡
これを書いた人「ホワイトリリィ」をフォローする?
*Profile*
この記事を書いた人
ホワイトリリィ

twinkle編集長のホワイトリリィです。「リリィさん」と呼ばれています✩*・
#イエベ春 #混合肌
#プチプラ好き #アラサー
#チキンハート #鶏肉だいすき
コスメや自分磨きの情報などを更新しています!

これを書いた人「ホワイトリリィ」をフォローする?
twinkle -トゥインクル-
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました