ブルーライトと上手に付き合って!睡眠時間を充実させよう

楽しめること&リラクゼーション

あなたはしっかりと睡眠時間を確保できていますか?人間も高度な頭脳を持っているとは言え、やはり地球上の動物のひとつ。どんなに忙しくても睡眠時間は欠かすことができません。

 

近年、この睡眠について「もっと質を良くしよう!」というブームが来ているのをご存知でしょうか。このブームは、わたしたち美容について強い興味関心を持つ女性にとっても他人事ではありません。

 

昔から睡眠不足でお肌のコンディションが悪くなってしまうのはよく知られてきましたが、現代は睡眠時間はもちろん、睡眠の質の方もとても大事なのだということが徐々に分かってきました。

 

そこで今回のコラムは、睡眠の質を上げるためにできる工夫について考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

画面から出るブルーライトが「睡眠の質」へ与える影響

LED液晶画面の光のひとつであるブルーライトがわたしたちへ影響しているということが分かってきました。

 

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

ブルーライトとは ブルーライト研究会 さんより引用

 

上記のように「ブルーライト」の定義はきちんとあります。しかし体感して納得するものではないので、理解するのはなかなか難しいですね。パソコンやスマートフォンの画面の光は誰にでも身近な例でしょうか。

 

この光が、睡眠へも影響するのです。目から入ったブルーライトを認識すると睡眠のホルモンの分泌を抑えてカラダが覚醒モードになるということです。なので、寝る前はスマートフォンやパソコンは控えた方がいいのですね。

 

しかし、どうしても何かをしていないと落ち着かない夜もありますよね。そんな時は画面の光を暖色系に調節して暗くしたり、動画を再生しながら音声だけ聞いたりといった具合に画面からのブルーライトがなるべく目に入らない工夫をしましょう。

 

スマートフォンの機種によっては、画面の明るさ設定のなかで画面の色味を調整できるものもあります。

 

電子書籍は画面を見ている時間が長いので、夜間に読書をする人は紙媒体の書籍もおすすめです。中古で買えば電子書籍よりも紙媒体のほうがお得なこともありますよ。

 

意外な盲点!照明に含まれるブルーライト

睡眠に入りやすくする工夫として、筆者が8月から取り入れている習慣があります。「朝と夜で照明の色を変える」という工夫です。

 

照明に使われている蛍光灯やLED電球は、実は明るさや色の種類によってとてもたくさんのバリエーションがあるのです。

 

普段意識しないとあまり気づかないかもしれませんが、色の種類は大まかに5種類に分けられます。

・電球色
・温白色
・白色
・昼白色
・昼光色

 

さらに、昔の電球は「○○W(ワット)」という消費電力が明るさの指標でしたが、現在は「○○ルーメン(lm)」という光束(明るさ)の単位が主流になっています。

 

昼白色や昼光色でルーメン数が高い照明はブルーライトが多いので、夜寝る前はなるべく明るさを落としてみるのも有効です。

 

インテリアに詳しい方や、睡眠にこだわるブロガーさんは、「リラックスしたい時には『電球色』が良い」とよくお話していますね。

 

筆者も昼間は「昼白色」や「昼光色」を使い、夜は「電球色」を使ってみたところ、気持ちがリラックスするようになって非常によかったです。

 

明るさによって電球にはバリエーションがありますし、メーカーが変わればまた少し雰囲気も変わります。オレンジ色に近い色(電球のバリエーションで分けると「電球色」といいます)ならブルーライトがあまり含まれていません。

 

「昼光色」と「電球色」の2色をベッドのそばの窓のカーテンレールに取り付けて、「昼光色」には電気タイマーを組み合わせて、毎朝定期的な時間で電気がつくようにしました。

 

「自分で点けるのとなにが違うの?」と思うかもしれませんが、自分が眠っている間にも周りが明るくなることで自然と目が覚める仕組みを作りたかったのです。

 

夜は眠気が出るようになりましたし、朝はパチっと目が覚めるようになりました。目が覚めて、まぶたを開いた時の感じが、やはりスッキリします。

 

「睡眠の質の向上」は健康なお肌への第一歩♡

インターネット上の都市伝説のようになっているブルーライトですが、ここまであちらこちらで語られると徐々に現実味を帯びてきたような気がしています。

 

「ブルーライトが有害!」と唱えるのはかなり極端ですし筆者自身そうは思っていませんが、ブルーライトを長時間浴びることによって脳が覚醒状態になってしまうのであれば、生活習慣を変えることも大切だと感じています。

 

睡眠の質が向上することによって、だるさや疲れからも回復しやすくなりますし、肌荒れの改善も見込めるからです。

 

それでは今回の記事の要点、睡眠の質を上げるためにブルーライトと上手に付き合っていく方法をまとめますね。

 

ブルーライトと上手に付き合うために

①できるだけ電子書籍を控えて紙の書籍を見るようにする

②スマホの画面の明るさは外に合わせるようにして、極端に明るくしない

③眠る前に液晶画面や明るい照明を浴びすぎないように気をつける

④夜間の照明の色は「電球色」など暖色系を選ぶ

 

これらを実践してみることで、もしかしたらあなたも睡眠の質が変わるかもしれません。心地よい睡眠を手に入れて、健康的に美肌を目指しましょう!

 

今回も読んでくださってありがとうございました。