黒いリュックが2019年も流行中!バックパックのムック本おすすめ5選

ファッション
この記事は約8分で読めます。

2019年も巷では黒いリュック(バッグパック)が流行していますね!しかしブランドショップの店頭で購入するにはお値段が高いので、日常生活にちょっと使ってみたいという方には敷居の高いものでもあります。

 

服屋さんやブランドショップだけでなく、ムック本として本屋さんで販売されて人気となっているリュック(バッグパック)が多数あるのはご存知ですか?とても種類が多く、まさにバックパック戦国時代と名付けたくなるほどです!

 

今回は書店などで安価で購入できる、黒のバックパックのムック本についてご紹介します。(2019年6月4日に本文加筆。レビューの評価も改定しました。)

 

スポンサーリンク

素朴な疑問「バックパックとは?リュックとは違う?」

背中に背負うタイプのバッグは通常「リュックサック」と呼ばれますが、最近では「バックパック」という名前がついたものも多いです。実はこの2つは同じものを指す呼び名なのです。

リュックサック(ドイツ語) = バックパック(英語)

 

実は「バックパック」というのは英語で、「リュックサック」はドイツ語なのです。呼び方は違うのですが、どちらも同じものを指すんですよ。

 

スポンサーリンク

ムック本のリュックを比較しちゃお♡

黒のリュックを正規の手段でブランドで買うとしたらやはり数万円しますよね。

リリィ
リリィ

いわゆる「鞄」なので、買いたいと思ってお店に出向いても、けっこう高いんですよね~・・・

 

そのような相場から比較するとムック本で購入する方がかなりお安いはずです。人気になっているものを以下にご紹介しまので、特徴や高い評価と低い評価のレビューを比較してみましょう!

 

MILKFED.(ミルクフェド) BACKPACK BOOK BLACK

こちらは『MILKFED.(ミルクフェド)』のリュック(バックパック)です。本の表紙にはお値段が『1890円+税と記載があります。

画像出典:Amazonより

Amazonの評価も★4.2と非常に高く、日常生活でスポーティーなスタイルになりたい時に大活躍しそうな予感です。

 

評価の高いレビューの中には、「ブランドなのに2000円とは思えない」「安いのに、思ったより作りがしっかりしている」「600デニールのポリエステル生地を撥水加工している」「ファスナーが動きにくい」などの声が多く寄せられている様子でした。

リリィ
リリィ

4900円の商品には劣るけれど、2000円だと思うと気軽に使えるという点が評価のポイントね。

 

評価の低いレビューの中には「ファスナーが開いてしまう」という旨の記載もありました。おそらくこれは不良品に巡り合ってしまったものと思われます。

リリィ
リリィ

このように不良品に巡り合ってしまった場合は、返品に応じてもらえるか問い合わせてみると良いですね。

 

moz(モズ) BIG BACKPACK BOOK

こちらはスウェーデンの人気ブランドである『moz(モズ)』から販売されているリュック(バックパック)です。表紙に書かれている本体価格は1940円+税。こちらもとてもお安いです!

画像出典:Amazonより

こちらもAmazonの評価は★4のなかなかの高評価。

 

高評価のレビューとしては「普段使いにサイズ感がちょうどいい」「サイドのポケットはやや浅い」「デザイン性がいい」「内側にメッシュポケットがあってよかった」などの声が多いです。

リリィ
リリィ

値段相応だけれども、ロゴや四角いフォルム(形)が気に入って使っている方が多いみたいでした。

 

低評価のレビューとしては「強度はお値段相応」「通勤に使っていたら破けてしまった箇所がある」というものでした。

リリィ
リリィ

どうしても、毎日使うには耐久性が低いのかもしれないわ。

 

ReebokCLASSIC(リーボッククラシック)BACKPACK BOOK

こちらは『ReebokCLASSIC(リーボッククラシック)』のリュック(バックパック)です。黒のバックパックの中ではかなりメジャーな部類に入るブランドですね!

 

表紙に書かれている値段は1850円+税。この記事で紹介しているバックパックの相場と同じくらいですね。

画像出典:Amazonより

こちらのAmazonの評価は★3.4です。他のバックパックと比べるとやや低め。

 

高評価のレビューの声としては「大容量で満足」「2000円以下とは思えない」「つくりがしっかりしている」「機能がたくさんあっていい」という声がありました。

リリィ
リリィ

付録に見えないようにするには、たたんでいた跡のシワを伸ばす必要がありそう!内側にはポケットがついていないみたいです。

 

低評価のレビューとしては「サイドポケットが壊れやすい」などの旨の記載がありました。

リリィ
リリィ

こちらも、耐久性は少し弱いのかも。重たいものを入れるのには向かないかもしれないわね。

 

studio CLIP(スタディオクリップ) BACKPACK BOOK

こちらは『studio CLIP(スタディオクリップ)』から販売されているリュック(バックパック)です。表紙に書かれている値段は、2480円+税

 画像出典:Amazonより

こちらの本のAmazonの評価は★3.5です。

 

高評価のレビューには「びっくりするくらい多機能」「リュックのムック本の中でもポケットが多い」「20Lは普段使いには大きい」「ムック本のリュックの中では一番」などの声がありました。

リリィ
リリィ

大容量でポケットが多く、機能性が高いのが魅力ね!

低評価のレビューには「生地がカサカサいう」「2ヶ月で裏地が破けた」などの声がありました。

リリィ
リリィ

イベントごとではなく長く使いたい方には少し不向きかもしれないわ。

Lee(リー) BACKPACK BOOK

こちらはデニムブランドの『Lee(リー)』から販売されているリュック(バックパック)のムック本です。表紙に書いてあるお値段は1750円+税

 画像出典:Amazonより

Amazonの評価は★4.1の高評価です!

 

高評価のレビューとしては「付録に見えない、買ってよかった」「大きさがちょうどいい」「マザーバック用に」「友達とお揃い」「小物入れがあって使いやすい」「見た目は店で売っている商品と遜色ない」などの声がありました。

リリィ
リリィ

類似のアイテムで、ロゴが赤のバージョンもあるみたいです!

デザインも違うみたいなので、気になる方はチェックしてみて♡

低評価のレビューとしては「スポーツクラブ用に使うには安っぽい」「災害用リュックには安っぽい」といった旨のレビューがありました。

リリィ
リリィ

やはり付録なので、店頭で販売されているリュックとは用途が違うのかもしれないわ。

スポンサーリンク

ムック本のリュック(バックパック)選びの基準

ムック本のリュック(バックパック)は、安価な値段で購入できるものの、やはり本物のブランド品の品質には劣ります。ご自身がどのような用途で使われる予定なのかを踏まえた上で検討するといいですね。

リリィ
リリィ

わたし自身も雑誌の付録やムック本のバッグを使うことがたまにあるのですが、安っぽく見えないか素材はイメージ通りか、などをレビューの写真を確認してから購入しています!

 

この記事で紹介している画像はAmazonへのリンクになっていますので、もっと深くレビューを読みたい方はぜひそちらも訪問してレビューの写真を確認してみると良いでしょう。

 

バックパックのムック本はこんな方におすすめ

筆者が考える、バックパックのムック本をおすすめしたいのは以下のような方です!

  • 黒のリュックは欲しいけれど正規の値段は高いと感じている
  • 黒のリュックは欲しいけれどいっときの流行にお金をかけられない方
  • 「ちょっとそこまで買い物に」行くようなノリで気軽に使いたい方
  • 素材はこだわらないから、とにかく内容量がたくさん入るリュックが欲しい方
  • ペットボトルが入るリュックが欲しい方
  • イベントなどで一時的に大容量のカバンが必要になった方
  • バックは流行ごとに買い替えるから長く使えなくてもいい方
  • ブランドのロゴが入っているリュックを持ちたい方
  • 友達や彼とお揃いでリュックを持ちたい
リリィ
リリィ

黒のリュックや、ブランドもののリュックを、少しでも安く買いたい方におすすめなの!

 

反対に、このような方にはおすすめできない、あまり向かないと思うという例はこちらです。

  • 長く使える黒のリュックサックを探している方
  • 安っぽい素材のリュックには抵抗がある方
  • ビジネスやスポーツなどしっかりした場所で使いたい方
  • ブランドにはこだわらないから機能が充実してほしい方

上記にあてはまる方には付録のリュックはあまりおすすめできません。ブランドショップに実際に訪れて正規のアイテムを購入することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

黒のバックパック♪ 自分に合ったモノを見つけよう!

今回は黒のリュックサック(バックパック)についてご紹介しました。1000円~2000円台で買えてしまうプチプライスに驚きましたね!

リリィ
リリィ

ムック本を取り扱っている書店では、この5つがピックアップされていることが多かったんです。(twinkle調べ)

 

黒のアイテムは普段着ともコーディネートしやすいので、あなたもぜひ試してみてくださいね❤

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!リュック(バックパック)選びで悩んでいるお友達がいたら、ぜひこの記事をシェアしてください♪

タイトルとURLをコピーしました