2019年も流行中の黒いバックパック!ムック本おすすめ5選

ファッション・ライフスタイル

2019年も巷では黒いバッグパックが流行していますね!しかしブランドショップの店頭で購入するにはお値段が高いので、日常生活にちょっと使ってみたいという方には敷居の高いものでもあります。

 

服屋さんやブランドショップだけでなく、ムック本として本屋さんで販売されて人気となっているもバックパックが多数あるのはご存知ですか?とても種類が多く、まさにバックパック戦国時代と名付けたくなるほどです!

 

今回は黒のバックパックについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

素朴な疑問:バックパックとは? リュックとの違い

背中に背負うタイプのバッグは通常「リュックサック」と呼ばれますが、最近では「バックパック」という名前がついたものも多いです。実はこの2つは同じものを指す呼び名なのです。

 

実は「バックパック」というのは英語で、「リュックサック」はドイツ語なのです。呼び方は違うのですが、どちらも同じものを指すんですよ。

 

MILKFED.(ミルクフェド) BACKPACK BOOK BLACK

こちらは『MILKFED.(ミルクフェド)』のバックパックです。本の表紙にはお値段が『1890円+税』と記載があります。黒のリュック類の相場は大体10,000円前後なので、相場から比較するとかなりお安いですよね!

画像出典:Amazonより

Amazonの評価も★4.5と非常に高く、日常生活でスポーティーなスタイルになりたい時に大活躍しそうな予感です。

 

レビューの中には、「ブランドなのに2000円とは思えない」「安いのに、思ったより作りがしっかりしている」「600デニールのポリエステル生地を撥水加工している」「ファスナーが動きにくい」などの声が多く寄せられている様子でした。

 

moz(モズ) BIG BACKPACK BOOK

こちらはスウェーデンの人気ブランドである『moz(モズ)』から販売されているバックパックです。表紙に書かれている本体価格は1940円+税。こちらもとてもお安いです!

画像出典:Amazonより

こちらもAmazonの評価は★4のなかなかの高評価。

 

レビューとしては「普段使いにサイズ感がちょうどいい」「再度のポケットはやや浅い」「デザイン性がいい」「内側にメッシュポケットがあってよかった」「強度はお値段相応」などの声が多いです。

 

ReebokCLASSIC(リーボッククラシック)BACKPACK BOOK

こちらは『ReebokCLASSIC(リーボッククラシック)』のバックパックです。表紙に書かれている値段は1850円+税。この記事で紹介しているバックパックの相場と同じくらいですね。

画像出典:Amazonより

こちらのAmazonの評価は★3.5です。他のバックパックと比べるとやや低め。

 

レビューの声としては「大容量で満足」「2000円以下とは思えない」「つくりがしっかりしている」「機能がたくさんあっていい」「サイドポケットが壊れやすい」などの旨の記載がありました。

 

studio CLIP(スタディオクリップ) BACKPACK BOOK

こちらは『studio CLIP(スタディオクリップ)』から販売されているバックパックです。表紙に書かれている値段は、2480円+税

 画像出典:Amazonより

こちらの本のAmazonの評価は★4.5です。

 

レビューには「びっくりするくらい多機能」「リュックのムック本の中でもポケットが多い」「20Lは普段使いには大きい」「ムック本のリュックの中では一番」「生地がカサカサいう」などの声がありました。

 

Lee(リー) BACKPACK BOOK

こちらはデニムブランドの『Lee(リー)』から販売されているムック本です。表紙に書いてあるお値段は1750円+税

 画像出典:Amazonより

Amazonの評価は★4.5の高評価です!

 

レビューとしては「付録に見えない、買ってよかった」「大きさがちょうどいい」「マザーバック用に」「友達とお揃い」「小物入れがあって使いやすい」「見た目は店で売っている商品と遜色ない」などの声がありました。

黒のバックパック♪ 自分に合ったモノを見つけよう!

今回は黒のバックパックについてをお届けしました。1000円~2000円で買えてしまうプチプライスにひあ驚きましたね!

 

ムック本を取り扱っている書店では、この5つがピックアップされていることが多いです。黒のアイテムは普段の服ともコーディネートしやすいので、あなたもぜひ試してみてくださいね。

 

バックパック選びで悩んでいるお友達がいたら、ぜひこの記事をシェアしてください♪